浪人生日記

こんにちは。第一志望合格しました。親戚中に噂が広まってます。

なぜ浪人しているのか①

志望校や受験プランなんかを説明する前に、なぜ浪人しているのかについてきちんと整頓しておきたい。

 

残念ながら自分は東大や医学部志望のような志が高くて優秀な浪人生ではない。

現役時代のだらし無さと虚栄心が浪人という結果を招いてしまったのだ。

 

時系列ごとにみてみよう......

 

高校は、県内で一応トップ校と言われる類の学校で、模試なんかをやると割と良い順位を取っていた。この頃はまだ国立志望。

しかし二年生の後半から勉強が面倒になって急に現実逃避の道へ。。

三年の夏休み直前にようやく現実逃避から帰ってきて受験勉強開始。もう数学や理科は崩壊していたので私立文系に意志を固める。

三年の10月頃には、早稲田C判定、マーチA判定と手応えを感じる。

このまま頑張れば早稲田入れる!と確信。

"面倒なのでセンターや滑り止めは受けない"という無謀な選択をする。

年末頃から、自分が何をすべきなのかわからなくなる。

とりあえず、早稲田の過去問解きまくる。

結果、早稲田(文•文構•教育)全落ち。

第二志望として受けた明治も全く対策せず当日も古典とかいろいろできなくて落ちる。

 

今にして思えばいかにも失敗しそうな受験プラン

いや、もう、このブログを見ている人全員に笑われる覚悟はできる。

 

 

浪人の原因は以下のことが考えられる↓

 

1、自信過剰

2、センターや滑り止めらしい学校を受けていない。

3、なのに古典と現代文を放置し続けた。

4、受験までの綿密な勉強スケジュールを立てず独りよがりな勉強をしていた。

5、情報不足&周りの話もあまり聞かない。

6、大学受験自体を"なんとかなるだろう"と甘く見ていた。

 

 そして今更言うが、国語が苦手なのに文学部志望だったのである。

早稲田文学部の国語は評論から古典までとても難しいのは言うまでもない。

 

知っていたことには知っていたが

「っま、なんとかなるっしょ」 

と言ってそれらしい対策もせずに本番を迎えてしまったのだ。

今から思えば無謀にも程がある。

 

とりあえず、今日はこの辺にしておこうと思う。

ちなみに浪人が決定した当初はただ単に勉強量が足りなかっただけだと思っていた。

しかし昨年やったことを丁寧にやり直すうちに"勉強量"とは一括りに片付けられない過ちを現役時代にしでかしていたこともわかった。

もちろんまだまだ受験勉強の真っ只中だが、その辺をもっと明確化していきたい。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ