浪人生日記

こんにちは。第一志望合格しました。親戚中に噂が広まってます。

浪人を決めた君へ

ちょっとかっこいいタイトルをつけてみた。

 

自分は私立文系で浪人を決めて、志望校も学部も変えずに再チャレンジし、見事に返り咲いたのだが(自慢)

やはり浪人は、辛い

これだけは、言っておく。

 

 

 

1st stage*********************************

 

まずは、一年間の浪人生活を始めるにあたってのチェックリストを作ってみたので目を通してほしい。

 

 

 

 □現役時代に志望校の"惜しいところ"まで到達している

 □現役時代の失敗を素直に受け止めている

 □集中することに慣れている(スポーツや趣味でも可)

 □継続力がある

 □一人で勉強する習慣がある

 □人の話をきちんと聞ける

 □親が応援してくれている

 

 

 

 ほとんどチェックが入っていれば、そこそこ浪人適正があるのではないかと思う。

 

特に大切だと思うのは、一人で勉強できるかどうかだ。

 

 

f:id:roninchan:20170228213526j:plain

http://www.mag2.com/p/news/122247

 

 

友達と喋りながらでないと勉強できない人は、まず浪人しないほうがいい。

結局、自分の頭に入っていることで勝負するのが受験なので

チームワークなど微塵も必要ではないし、むしろ時間の無駄になるからだ。

 

仮に、学校で「受験は団体戦です」とか吹き込まれていても相手にしないほうがいい。

中には、人と上手く情報を共有して勉強を進める人がいるのかもしれないが

よっぽど記憶力が優れているとかそういう類の人間でない限り、受験は乗り切れないからだ。

 

 

また、 「現役時代の失敗を素直に受け止めている」これも重要だ。

予備校などには、「浪人したら早稲田に受かる」と思い込んでいる人がわんさかいる。

中には、現役時代にMARCH受かったとかで自慢しているなんていう輩までいる。

ちなみに、去年よりも学力が伸びるなんていう保証はどこにもないので、こんな奴らは鼻で笑ってさっさと勉強を進めよう。

 

もちろん自尊心は、生きていく上である程度必要ではあるが、浪人生にはありすぎても困るものだ。

これが邪魔して、現実的で綿密な学習計画が立てられなかったり、無理な受験校選択をしたら本末転倒だ。

学習内容は、次のステージで書こうと思うが

まず、現役時代に勉強しきれなかったという現実を見直して、改心してほしい。

 

 

2nd stage*********************************

 

 

覚悟が決まったら、改めて現役時代の勉強を全て見直してほしい

 

各教科ごとに、良かった点・悪かった点をできる限り書き出すのである。

(ちなみにこの作業は、実際、半年くらいかけて完成させる。模試を受けたりしているうちにだんだん分かってくるものなのだ。)

 

例) 国語 

 

・評論

悪い点→どのテストも時間が足りなかった、内容一致問題が苦手、難しい文章だと頭に入ってこない......

良い点→漢字は完璧

 

・古典

悪い点→主語の移り変わりが全くわからない、従って話について行けない......

良い点→語彙・文法は足りていた

 

・漢文

良い点→文法はわかった

悪い点→レ点を自分から入れるのは無理

 

自分は一番の苦手教科だった国語を例に挙げてみたのだが

このように思いつく度に書き出していって欲しい。

また、得意だと思っていた教科にも 必ず漏れはあるので全教科同じ作業をしてほしい。

 

 

 

 3rd stage*********************************

 

 

次にやることは、教科ごとに足りない部分を補う参考書集めだ。

 

 ここで重要なのは、夏終わりまでの基礎固めの参考書ラインナップを作ること。

秋は秋で、模試の結果を見ながら考えればいい。

まずは、基礎固めだ。

そもそも、浪人している時点で何かしら基礎部分に欠陥があるのだ。

ここは、できるだけ謙虚何もできない人になったつもりで取り組んだほうがいいと思う。

基礎部分を疎かにしていると、過去問期に十分実力を伸ばしきれない可能性がある。

というか、過去問が全くはかどらない。

 

 自分の場合を例にとると、最大の苦手科目古典は「マドンナ解法・解釈・単語」から始めた。

評論は、「現代文と格闘する」「入試へのアクセス」あたりを何度も解いた。

 

もし、英語が苦手であれば「ネクストステージ」や「システム英単語」だろうし

世界史が苦手であれば「ナビゲーター世界史」「教科書」「紙と鉛筆」だろう。

 

ただ、自己流になるのを避けるために受験対策関係の本を参考にした方がいい。

 

オススメは、この本だ。

 

 

 

最近は、受験対策も多様化しているように思うが(4技能テストの導入など)

やはり基本はこの本だ。

私大コースや国公立コースに分けて色々な勉強プランが紹介されている。

人によって受験スタイルは違うので、上手くブレンドしながらプランを立てて欲しい。

 

 過去問については、最後の2、3ヶ月で浴びるほど解けば間に合う。

いや、むしろ最後の最後に追い込むからこそ内容が頭の隅々まで浸透した状態で現場(テスト会場)に臨むことができる。

 夏が終わってから、センターを皮切りにぼちぼち始めることをお勧めする。

 

 

 

4th stage*********************************

 

 

ここまで、きたら「いざ、勉強!」となりたい気持ちはわかるが

3月いっぱいは、本を読んだり、大学に行ったら何を勉強しようか考えたりしてのんびりと過ごそう。

 

自分の場合は、フランツ・カフカの小説を読んだりJ.D.サリンジャーを読んだり村上春樹の真似事のようなことをして過ごした。

今から思うと「あれ読んどぎゃよかった」という本がいくつかあるが、、、

 

やはり、一年間は長い。

その間、諦めずに勉強を続けるには、多少のビジョンが必要だと自分は考えている。

もちろん医学部志望!のような人は一直線でいけばいい。

ただ、文学部志望?みたいな軟弱な精神の持ち主は、紆余曲折しながら一年間過ごすことになると思う。

その時に、心の支えになるような憧れの作家でも詩人でもミュージシャンでもなんでもいいので

「こういう風に生きたい」とか「大学行ったらこれを深めよう」とか前向きに勉強するきっかけを作っていくのが大切だと思う。

 

 

 

とても恵まれた話ではあるが、自分は、即旅行に行った。(しかも初海外)

NYという人間がとても住めるようなところではなかったのだが、片言で英会話をこなしながらほっつき歩くのは刺激的であった。

その日どうにかやり過ごすだけに全神経を集中させなければならず、受験のことなどすっかり忘れてしまった。

 そして、大学受験なんかでつまづいているようではまだまだだと感じ、一層勉強に気合が入った。

 

ちなみに、一年間の予備校代の5分の1程度で一週間、渡辺謙のミュージカルつきで過ごせたので

第一志望に宅浪で受かった今となっては、、相当お得な買い物をしたと思う。個人的にお勧めしたい。

 

 

 ***************************************

 

最後になるが、受験勉強は全てがつまらないものではない。

自分の場合は、国語を克服するのが第一の使命だったが

それでも評論などは「読むのはいいけど解くのは嫌だ」とかぐちゃぐちゃ文句を並べていた。

しかし、解き方をきちんと頭に入れて、数をこなすうちにだんだん余裕も出てきて

「この評論家は、面白いなー」とか「へえ、こんなこと考える人いるんだー」

と視野が広がり、調べてみたり関連本を寝る前に読んだりして

最後の方は正直に言って楽しんでいた

おかげさまで、早稲田の文構・文学・教育の評論はかなりミスが少なかったし大きな得点源になった。

 

 先程から本を読め!とか旅に出ろ!とか評論を楽しめ!

とか皆さんを怒らせたいわけではない。

ただ、浪人(特に私大浪人)とは一種の人生最大のモラトリアムなわけで

勉強さえしていれば、毎朝仕事や学校に行かなくても任務を遂行したことになるので

楽しみながら勉強を進めた方がお得だし、場合によっては勉強がはかどるということを伝えたいのだ。

 

自分は、ご覧の通り、受験の外に外にと興味がそれていくタイプではあったが、その性質と上手く付き合うことでなんとか受験を乗り切ることができた。

ふらふらしながらも最後の目標(受験成功)だけは見失わずに、最後まで粘り続けるのが秘訣なのではないかと思う。

 

 

それでは最高に充実した浪人生活を楽しんで!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ

 

立教・文学部 勝手に解説

自分は、基本的に文学部(人文系)志望だったので複数の大学の文学部を受けた。

その中の一つが立教大学である。

ちなみに筆者は、英文科に受かった。

 

まず、この大学は、合格最低点を公開していない

なので、◯割で受かるという目安もない。

過去問を3,4年分をこなしてから受けに行ったのだが、正直あまり自信がなかった。

色々と理由があるが、ここからは教科ごとに解説していきたい。

 

[英語]

長文2つと文法問題、会話文というオーソドックスな構成になっている。

長文は、MARCHの中では難しいのではないかと思う。(明治や青山の文学部と比べている)

話題としては、心理学や物語仕立ての文章が多いイメージだ。

たまに難しい単語などが混ぜてある。

そして、最大の特徴とも言えるのが「全体を読んで答える問題」が存在することではないだろうか。

究極な話、この手の問題は当たる可能性が低いから諦めるという手段もあるのだが

パラグラフリーディングなどを通して、幾つか当たるようにしておきたいところだ。

 

文法問題は、年によって偏りがある。

過去問を解いていて、ほとんど合っていた時もあったがその一方で半分以下の正答率になってしまったこともある。

なので、簡単な問題が出ることを祈るしかないが、それだけ平均点も高くなるので要注意。

ちなみに自分が受けた(2017年)は、空欄補充問題が異様に難しくその部分は0点だった。

対策としては、ネクストステージとファイナルが王道なのではないかと思う。

 

 

 

[国語]

 

評論1つ、漢文1つ、古典1つといったラインナップだ。

 

評論は、馴染みやすい文章が多い。

随筆や小説のようなものも出題されたことがあるようだ。

内容一致問題では、「合っているor合っていない」を一つづつ答えさせるため、丁寧に文章を読む必要がある。

分量は、そこまで多くないので、焦らずに本文の根拠を探すのが一番だ。

 

漢文は、なんというか普通である。

これは、立教に限らず全大学で言えることだが、最低限の文法を抑えておけば7割以上は解けるようになっているのでぜひぜひ得点源にしたいところだ。

 

古典は、物語文が多い。自分の時は、鏡系だった。

源氏物語が出題される年もあるようだ。

一見、難しい文章だったりするのだが、文法知識だけで答えられる問題もある。

下線部の適切な訳を選べあたりの問題だ。

動詞の意味や助動詞の訳に気をつけながら解くのをお勧めする。

ちなみにこの手の問題が全体の半分を占めている。

この辺の確実な問題を積み重ねていけば、合格点に達するのではないだろうか。

中堅私大古文(by河合塾)を仕上げれば戦えるだろう。

 

 

[世界史]

 

特徴としては、記述が多い。

そしてたまに誰も知らない問題を出す。

誰も知らない問題については、ノータッチで大丈夫だ。

まずは、センターで9割以上取れるように努力して、記述問題集を一つ完璧に仕上げれば十分戦えるだろう。

 

 

[まとめ]

 

文学部は、出願するときに学科まで選択するようになっている。

英文科、史学科が人気のようだ。

また、英語の文法などに顕著だが、急に難しくなっているセクションがあったりするので、バランスよく勉強する必要があると思う。

 

何か質問がある人は、コメント欄にどうぞ!

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ

文学部何故か受かった

早稲田文学部受かっちゃいました。

手が震えて文字が書けません。

後で詳しく報告いたします。

文体がいつもと違います。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ

わーい、文化構想学部受かった ^ ^

今年の早稲田はめちゃくちゃ難しかった。

個人的な感想だから実際のところはわからないのだが、

どの学部を受けても、どの教科を受けても難化してるなーと感じた。

また、景気が前より少し良くなったせいか文系志望が増えて、文構に至っては1万人の受験者がいたようだ。

 

そんなわけで、テストを受けた後は落ちたと思った。

特に、文化構想学部の国語は、評論・漢文・古典の融合文が融合しすぎてわけわからなくなっていた。

古典に至っては、日本書紀が引用された。

テストを解いている心の中では呻き声が響きわたっているといった感じで

ただただ、問題を解いて根拠を無理やり探し出して解く、それの繰り返しだった。

その根拠探しというのも、無理やりこじつけているような感覚で、絶対に間違ってる気がいていた。

 

今朝は去年のトラウマがあり、なかなか電話で合否確認ができなかった。

しょうがなく、ショックを緩和させるために受験合格者の番号が一斉に乗るページで確認することにした。

すると意外にも受かってたんだ。これがまた。

番号を見た瞬間に、一年の苦労が思い出されてきてその場で号泣。

 

後で、国語の結果が気になって解答速報で自己採点してみると

3つしか間違えていなかった。

要するに、神が降臨していたようだ。

 

兎に角、文構受かって良かった。

一応、文学が第一志望ということになってはいるのだが、文構にも文芸系のゼミがあるし、文学部との合同事業も多いのだ。

むしろ、浅く広くいろいろ勉強したい自分のようなタイプは文構が向いているのではないかとも思う。

 

センター利用の結果は、立教が合格していた。

明日は、一般の立教と青山の結果が出るのだが、もう早稲田に行く気満々になっている。

そのうち、自分が受けた大学の傾向と対策をまとめてみたいと思う。

 

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ